物質的成功と身体的な心地よさという表層の下、その深い場所には、「何かが違う」という無意識の感覚が重荷となって潜んでいる。私の中には怪物が棲んでいる。季節が巡り、人生が展開していく中で、私は常に「自分は今以上のことができる」という深い感情に取り憑かれてきた。物質的・社会的な成功、恐怖を避けること、そして不可能へ挑戦しないことは、私の本来の生き方とは一致しないことだった。

購入する

夢の中で夢から覚めたような鈍い痛みと、平衡を失ったような奇妙な感覚をいつも感じていた。遠い昔に忘れてしまった大切なものを探し続け、ホームシックを感じながらも家がどこだったか、そもそもその家が何だったかを思い出すことができない。今にも思い出せそうなところまでやって来て、記憶は私をあざ笑う。そこからは拷問だ。私の人生の答えは記憶喪失という名の不定形の夜霧に紛れ、いつ手を伸ばしてもほんの少しだけ届かない。その記憶を追い求めることこそ、私がいくつになっても困難な目標を掲げ、絶え間なく前進を続ける原動力となっている。